加賀白山バス 36-477

c0294130_20544989.jpg



 加賀白山バスに在籍した36-477です。96年式KC-MP217P、新製配置は南部、最後は鶴来の配置でした。
 至って普通のKC代エアロMです。一応36-47*の中では唯一表示器がLED化された個体ですかね。前面は北鉄名物の系統幕+LED行先表示でしたが、鶴来ゆえ系統番号部分は常に黒幕で、「野々市中央」のようにぎっしり文字が詰まるとまるで833のような偏った配置に見えたものです(ただし833とは逆ですが…)
 白峰線・鳥越線で金沢駅に顔を出す程度で、あとは若竹前の駐車場にRJなんかと並んで昼寝していた姿が強く印象に残っています。現在は西部からやってきた36-487に任を譲り、ひっそり引退となりました。
[PR]
by takataka211bus | 2014-02-22 19:13 | 車両考察 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://taka211bus.exblog.jp/tb/21686557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


湘南色の特別快速のバス館


by 高タカ211

プロフィールを見る

カテゴリ

車両考察
路線考察
バス撮影
乗りバス
模型製作
その他

タグ

(12)
(6)
(5)
(1)
(1)

以前の記事

2016年 02月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

外部リンク

検索

ブログパーツ

その他のジャンル