元川崎市交通局エアロスターM兄弟 34-737/35-738

c0294130_21272954.jpg


c0294130_21274196.jpg


川崎市交からやってきたU-MP218Kです。中引き扉のK尺でブラックフィルムの貼られた銀サッシの2段窓と角目ライト、北鉄のエアロスターMのなかでもひときわ目立つ存在です。車内は前事業者の特徴をほぼそのままに残しています。車内の様子は関連記事を参照してください。
残念ながら34-737は鶴来に出戻り後、廃車になってしまったそうです。35-738は現在も野々市に身を置き、44番等で金沢駅にも顔を見せています。


【小ネタ】
c0294130_21273376.jpg

35-738は去年の秋ごろからしばらくの間、野々市金大線で活躍していました。綺麗なエンジン音を唸らせながらハイライトの角間坂を登っていたのが懐かしいです。


関連記事:【乗りバス】35-738で野々市へ
[PR]
by takataka211bus | 2013-06-29 21:59 | 車両考察 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://taka211bus.exblog.jp/tb/20435217
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


湘南色の特別快速のバス館


by 高タカ211

プロフィールを見る

カテゴリ

車両考察
路線考察
バス撮影
乗りバス
模型製作
その他

タグ

(12)
(6)
(5)
(1)
(1)

以前の記事

2016年 02月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

外部リンク

検索

ブログパーツ

その他のジャンル